能生 白山神社
獅子舞(ししまい)若者連中

大人舞二人立ちで、能生と小泊の若者連中が
隔年に舞う。舞子の装束は、唐草模様の胴衣
、袴下(こした)で白足袋を履き赤い紐で草
鞋(わらじ)を結ぶ。七度半の使いの七度半
目に拝殿を飛び出し、御神嚮(ごじんこう)
行列の先頭に立ち、御庭祓いの意味を含めて
舞われる。拝殿を飛び出した直後、静かに佇
立する緊張した時間があるが、これは「獅子
の礼」と呼ばれる。
神仏混淆の江戸時代、白山権現別当である宝
光院の使いの僧が獅子の前で法楽を行ってい
るが、「獅子の礼」はこの儀式の名残と云わ
れている。

振 舞(えんぶ)稚児二人

天冠(てんがん)を被り、白チリメンの狩衣
(かりぎぬ)に真紅の差貫(さしぬき)をつ
け、鉾を持って舞う。舞楽書では、「振鉾」
と書かれ、舞楽上演の際、最初に舞われ、舞
台祓いの意味を持つ舞である。
「左舞衣装(赤色)*1」が先に舞台に上が
り、「右舞衣装(萌黄色)*2」が続くとさ
れているが、当神社では、同じ白色の衣装が
使用されている。舞台の上で鉾を三度振るが
、これは天地人を象(かたど)るもので、天
神に供し、地上の神を和し、先霊を祀る意味
がこめられている。
*1 左舞は中国、印度伝来の舞で、赤金色
系統の装束
*2 右舞は朝鮮等から伝来の舞で、緑(あ
お)、銀色の装束

候 礼(そうらい)稚児四人

装束は振舞と同じであるが、鉾は持たせない
。他の狩衣で舞う舞楽(振舞、地久、児抜頭
、輪歌、陵王)と同様に、指は狩衣から出さ
ず、剣印を結んだ指で狩衣の袖先はキッと伸
びる。静かで優雅な舞いであるが、舞楽書に
該当する舞は見当たらない。白山神社古書に
は、「坐行成(いきなり)と記されている。
舞の手や動きから出た言葉かと思われる。
童羅利(どうらり)稚児一人

面をつけて舞う。面は稚児には大きく、かつ
ては大人が舞った可能性がある。装束は赤金
襴帽子、金襴肩衣、金襴長下着、赤緞子(あ
かどんす)の差貫に太刀を腰に差し、扇を持
って舞う。舞楽書に該当する曲目が見当たら
ないが、帰りの橋掛かりで「赤目(あかんべ
)」をすることから「安摩」、「二の舞」の
変形かと考えられる。舞は、ひょうきんな仕
草の繰り返しである。最少年の稚児が舞うが
、戦前までは、他の稚児とは特別扱いされ、
社参の行列も白丁の肩に乗らず、下駄を履き
歩行した。
地 久(ちきゅう)稚児四

天冠を被り、狩衣は黄チリメンの狩衣、ブド
ウ色紋綸子(りんず)の差貫で扇を手に持つ
。前半は比較的ゆっくりに「破*」の舞。後
半は軽快な調子に変わって「急*」の舞振り
である。
舞楽書の右舞に「地久」があるが舞の由来は
不明で、甲(かぶと)を被り赤い隆鼻の面を
つけるとされている。

*「序破急」は楽式上の三区分。
 舞楽で「序」は初舞で無拍子。
 「破」は中間部分で緩徐な拍子。
 「急」は最終部分で急速な拍子。
      (広辞苑より)
能抜頭(のうばとう)大人一人

抜頭面をつけて舞う。赤金襴の帽子を被り、
赤・黒段びら模様のチリメン狩衣、白地薄紫
波形刺繍の差貫で手には撥(ばち)を持つ。
前半は、「破」の舞で、後半は「急」の調子
である。舞楽書によると、「抜頭」には左方
、右方の舞があると書かれている。一説に西
域の起源で湖人が猛獣に噛み殺された。
その息子が猛獣を探し求めてこれを殺す形の
舞と云われ、手に持つ撥は武器を表す。
「走舞(はしりまい)」の代表である。
泰平楽(たいへいらく)稚児四人

頭に鳥兜をつけ、金襴の上衣と赤地に金襴の
袴、緋緞子の差貫の衣装である。腰に太刀を
つけ、手に鉾を持って舞台に上がる。出鉾の
舞に始まり、徒手の舞、鉾の舞、大腰、太刀
の舞と移り、鉾の出の舞を一舞し、太刀の舞
で終わる長時間に渡る舞である。舞楽書には
「太平楽」と書かれ、左舞武舞(ぶのまい)
の代表的な舞である。武人が戦場に出る時の
装束をつけ、世の中の乱れを治め、正しき道
に戻すと云う目出度いで、天皇即位に際して
「万歳楽」とともに奏されるのが例となって
いる。
納曾利(なそり)大人二人

納曽利面をつけて舞う。黒銀欄帽子を被り、
上衣は赤・白・緑の段びら模様の羽二重(は
ぶたえ)、赤ゴロフクの差貫で手に斗棒(と
ぼう)を持つ。前半は「破」の拍子で舞い、
後半は「急」の拍子で早い調子である。雌雄
の竜が楽しげに遊びあう姿をかたどった様に
舞われる「双竜の舞」である。舞の由来は不
明である。右舞であり、左舞「蘭陵王」と番
舞(つがいまい)として演ぜられる。二人で
舞うことが多いが、一人で舞うときは「落蹲
(らくそん)」と呼ばれる。
弓法楽(きゅうほうらく)稚児四人

頭に巻嬰冠(けんえいかん)を被り、衣装は
下襲(したかさね)の上に右肩脱の半臂(は
んび)を着ける。肩に矢を一本挿し、右手に
矢、左手に弓を持って舞う。舞台、帰路の橋
掛かりで矢を一本ずつ放つ。装束から見て右
舞と考えられるが、舞楽書にはこの名称の舞
は見当たらない。
児抜頭(ちごばとう)稚児一人

面は着けず、天冠を被り、紫の狩衣に紫チリ
メンの差貫の紫一色の衣装で、手に中啓(ち
ゅうけい)を持って静かに舞う。舞の途中、
中啓を放つ所作がある。一の位の稚児が舞う
。「舞楽図説」に「抜頭」には「童舞」があ
ると書かれており、「舞楽解説」には「蘭陵
王」、「納曾利」などを少年に舞わす時は面
をつけないと書かれている。
輪 歌(りんが)稚児四人

頭に天冠を被り、児抜頭と同じ紫一色の衣装
で舞う。右手に造花の花束を持つが、これは
かつて「持花」と云われた。・全体的に静か
な舞で時間も短いが、帰りの橋掛かりで最後
の稚児がゆっくり舞い「陵王」の出を待つ。
稚児が楽屋へ入ると同時に楽の太鼓、笛は間
を置かず「陵王」の楽に変わり境内の観客の
歓声とともに「陵王」が橋掛かりへ飛び出す
。この舞に当たるものは舞楽書に見られない
。右舞に「林歌」があるが、「輪歌」とは全
く異なるものの様である。
陵 王(りょうおう)大人一人

頭に竜を乗せた吊り顎(あご)の陵王面をつ
け、動物の毛を赤く染めた熊毛(しゃぐま)
を頭に被る。緋チリメン狩衣に緋緞子(どん
す)の差貫で手に中啓を持つ。他の舞とは異
なり橋掛かりにおいても観客を魅了する舞を
繰り返し舞台に入る。舞台では、前半は優雅
に舞い、前半の終わりに「日招き」の所作が
ある。しばしの休の後、後半は「打ち返し」
の軽快な調子の舞に変わる。帰りの橋掛かり
では日没近くの夕日を背に「陵王」は神秘的
な姿となり、境内は祭りの終わりを惜しむ観
客の歓声で興奮に包まれる。「陵王」が走り
込んで楽屋に入ると、間髪入れず神輿を御旅
所から拝殿へ運ぶ神霊還御となり大祭は終了
する。「陵王」は舞楽書左舞「蘭陵王」であ
り、中国北済の蘭陵王長恭が戦いの際、柔和
な顔立ちを隠すために面を着けて出陣したと
いう故事によると云われている。

獅子舞・振舞・候礼・童羅利・地久・泰平楽・弓法楽・児抜頭・輪歌・能抜頭・納曽利・陵王

重要無形文化財 能生の舞楽

白山神社では、毎年4月24日に春季大祭が行われます。
この春祭りを、能生町内に住む人々は「能生まつり」と呼んで親しみ、いく日も前から
楽しみにしています。
「能生まつり」は、その構成が大規模であること、お祭りを行うために奉仕してくれる
人数の多いこと、古い伝統のある舞楽を奉納すること等で近隣には類のないものであり
ます。
さらにそれまでには、大祭の決定や稚児の決定、舞楽の練習や小泊社人への使い、
能生谷2部落(大王、大導寺)の総代に協力を依頼する等いろいろな準備や後始末があ
り、何日もの日数を要します。
特に舞楽の練習は、春休みを利用して行われますが十数日もの日数を必要とするのです。
能生白山神社に伝えられている舞楽は、大阪四天王寺の舞楽を伝承しているものと云わ
れています。
能生の舞楽は永享年代(1429~40)の室町時代の重立衆が四天王寺より習え伝え
たとされ、長い年月を経て、中央とは異なる、能生の風土に培われた姿の舞の形で演じ
られています。
大祭の日、午前中は獅子舞が御神嚮行列の先払いとして舞われ、午後は特設された水舞
台で十一の舞が日没まで演じられます。
振舞・候礼・童羅利・地久・泰平楽・弓法楽・児抜頭・輪歌は稚児により、能抜頭・納
曽利・陵王は成人男子により演じられます。

大祭スケジュール

夕 祭 4月23日   
夕祭の行列 (区民会館から神社へ) 午後3時30分
夕 祭 (宵宮祭) 午後5時 
     
本 祭   4月24日  
社参の行列  (区民会館から神社へ)  午前7時半
御庭祓  (舞台修祓)  午前8時頃
七度半の使い  (拝殿前)  午前8時頃
御神嚮の打出し  (獅子の出の舞)  午前9時頃
御神嚮の打止め  (お走り)  午後12時頃
供饌進  (御饌上げ)  
黙礼の式  (秋葉神社前)  
大 祭  (御旅所)  
舞楽十一曲上演    午後1時頃
神霊還御  (御旅帰り)  
下向の行列    午後6時頃